寝ても疲れが取れない

<体験談>寝ても疲れが取れない私がスッキリできた理由

最近会社の同じ部署の方がやめてしまったためにその分の仕事を自分が担当することになったので仕事量が1.5倍ぐらいに増えてしまっています。

 

早く求人を出して仕事を任せられる人を見つけてほしいんですけどなかなかすぐには動いてはくれないようです。

 

おかげで昼食を食べる時間を減らしてまで仕事に専念しないといけない羽目になってしまっています。
社員数の多いところなら手を抜いたりできんでしょうがうちはそこまでの人数がいないので手を抜いたらすぐにばれてしまいます。

疲れがやまりやすい年齢

自分は30代後半なので無理をするとすぐに体に疲れがたまりやすい状態なので早くこの環境を改善してほしいです。

 

最近は12時に寝るのが普通になっているので朝起きるのは6時ぐらいです。サラリーマンとしては十分睡眠できているほうですが翌日も疲れがとれない日が続いているので休日なんかは朝からずっと寝ています。
趣味が睡眠なんじゃないのかっていうぐらいに寝っぱなしなのでほんと時間を無駄にしているよなあって若干公開してます。

 

でも休日ずっと寝ている割にはあまり疲れが回復していないので長く寝るだけでは効果が少ないように感じてきました。

 

調べてみると長く寝すぎると逆に疲れがたまってしまうといったこともかかれていたので睡眠の質を改善したいと考えるようになりました。

肝臓の疲れかも

睡眠の質を上げるためには体に取り込む栄養に気を使う必要があることがわかってきたので今まで自分は肝臓あたりの臓器が弱っているために食事をしてもうまく吸収することができなかったんじゃないのかなと感じました。

 

なぜなら普段食べている食事は割とヘルシーなものが多かったのでなにか腸に負担を与えたりするようなものは極力控えていたからです。

にんにくサプリを試してみる

肝臓が疲れているかもしれないので定番のにんにくを食べて疲れにくい体を作っていきたいと考えましたが会社員なので毎日にんにくを食べていると同僚に迷惑をかけてしまうので体から匂いを発さないサプリでにんにくを吸収することに決めました。

 

サプリなんでちゃんと効果あるのかは不明ですが体力をつけるためにはこういう方法しかないので2週間ほど摂取を続けることにしてみしたが以外に効果があり安心しました。

 

いつもは忙しくて夕方ごろになると少し寝ないときついなと感じていましたが摂取を続けてからは集中力が低下することもなく元気に仕事をすることができるようになっていました。

 

また寝ても疲れが取れにくくなっていたのも一転して熟睡ができるようになったので朝から「だるいなあ」と感じることが減りました。

 

ある程度調子が良くなった今でもにんにくサプリの摂取は続けていますが体が良くなることに比べたら毎月のサプリだいなんて安いものです。

 

トップページへ