疲労回復でいる睡眠方法

疲労回復時に効果的な睡眠の方法をまとめました

疲れがたまっているときには質の高い睡眠が不可欠です。
なるべく長時間睡眠しなくても6〜8時間程度眠ることで疲労回復できる睡眠方法について紹介します。

 

瞑想をする

瞑想というのは何も考えないで腹式呼吸をしながらぼーっとすることです。瞑想をすることで頭の中の情報の整理を行ってくれるので本来睡眠時に行われていた分を短縮できます。なのでいつもより短い時間で起きられるようになります。
また腹式呼吸を一定のリズムを刻みながら行うことで神経伝達物質のセロトニンが活発に分泌されるのでリラックス効果を得られます。

 

瞑想15分程度で90分程度の睡眠効果があるといわれるほど瞑想は効果があるのでおすすめです。

 

瞑想をする際にはyoutubeなどでリラックスできるBGMを見つけてそれを流しながらすることで高いリラックス効果が得られます。

 

ホットタオルで身日や顔を温める

疲れているときには結構流れが悪くなっていたり筋肉がこわばっていることが多いので電子レンジで濡らしたタオルを温めて身日の後ろやこめかみ付近を温めてあげることで結構が促進されます。

 

これをやる際にはタオルがすぐに冷めやすいのでその都度また電子レンジで温めて体を温めるようにしましょう。

 

亜麻仁油を摂取する

始めて亜麻仁油という言葉を聞いたという方もいるかもしれません。
亜麻仁油は食物から採取できる油で魚に多く含まれるDHAやEPAを含んだ油です。
なぜこの油が熟睡に役立つのかというとDHAやEPAという成分は血行をを促進したり記憶力を高める働きや体質改善の効果があるので疲れやすい方には非常に便利な油なのです。

 

亜麻仁油は加熱NGの油なのでスープや飲み物、サラダにスプーン一杯ほどかけて召し上がるのがおすすめです。

日中に太陽の光を浴びる

人間の体にはバイオリズムという波があるため体内で分泌される神経伝達物質の量は時間帯ごとにだいたい決まっています。このリズムはメラトニンやセロトニンという成分がカギを握っていますが、パソコンやスマートフォンのひかりとずっと浴びているとこのバランスが崩れてしまうのです。
このバランスが崩れてしまうと夜眠りたいときにうまく寝付けなかったり、朝起きても熟睡できなかったということになってしまうのです。

 

このメラトニンやセロトニンのバランスを整えるためには日光に浴びることが効果的です。メラトニンは日光の光を受けて放出されるので日中に太陽に当たっておくと眠る時間ぐらいになるとセロトニンがたくさん出てきてぐっすると寝付けるようになるわけなのです。

 

トップページへ